忍者ブログ

純正シアリス錠

イーライリリー「シアリス(タダラフィル)」のブランド薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行購入

ベストケンコー - シアリスでタグ付けをされた商品

EDは不治の病なのか?

はっきりと申します。EDは治ります。

EDはもはや一過性の風邪と同じようなものだと思っていただいても構いません。少し前まではEDをインポテンツという呼び方で、男であることを否定するような病気のように言われていました。ある程度の年齢に達したり、糖尿病等の合併症として不治の病の一つとして教えられていたことは確かでしょう。

ただ不治の病といえば、真っ先に皆さんの頭に浮かぶのは末期ガンやエイズの方が先ではないかと思います。それは生命を脅かす病気だからです。その点EDにかかったところで、生命の危機にまではいたりません。ですから、その昔、EDが不治の病と捉えられていた頃には、密かに奥のほうに押しやられていた病気だったんです。

ガンやエイズは死と対面しているので、医者にとっても患者にとっても真っ先に解決すべき課題として取り組まれてきました。完全な治療法はいまだ見つかっていませんが、「不治」という壁を乗り越えるべく、医療現場の努力は日夜行なわれており、やがてすべてのガンを撲滅してしまうような治療が発見されることが期待されます。

それがEDの場合はどうか?

いつまでたっても、「不治」と決めつけ片づけられていたんでは、この病気における医者の存在意義はありません。たとえ、治療が困難であろうとも、それに立ち向かうのが医者です。そんな気持ちをお持ちでない方には、医者としての看板を即刻おろしていただかなければなりません。実は、EDの医療現場は看板をおろさなければならないほど、その存在意義を問われるような状況にあったのです。

たとえば、糖尿病を患っている人にED患者の割合が高いのですが、病院に行くと、「あなたは血糖値が高いんだから、まず糖尿病を治すのが先決でしょう」EDは後回しにされてしまいます。しまいには、ED患者であったことも忘れ去れ、何一つ有効な治療を施されることなく、「いい年をして、今さら色恋もないだろう」診察放棄です。病気と名のつくものは、原則として治るものです。EDも病気であるわけですから、治るはずです。その治るはずだった病気が、治されずにずっとつい最近まで不治の病として通ってきていたのです。

なぜか?

医療現場の怠慢以外のなにものでもありません。役に立たなくなったペニスをあたかも内臓器官のお荷物である盲腸のように考え、かといって切り取りわけにもいかず、そのまま放っておき、有効な治療方法を見つける努力を怠ってきたということです。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの登場により、EDは不治の病ではなく、一過性の風邪にしかすぎなくなったということを強調させていただきます。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

PR



バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- 純正シアリス錠 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング